MENU

漢方薬治療

「最近なんとなく後ろ足がふらつく」
「お腹が弱い」 「歳をとってから便秘がち」

「名前を呼んでも反応しない」

など、病院での検査で何も異常が出ない場合、西洋医学での対処方法が現実的に少ないのがこの“加齢による諸症状”です。
犬種によっては最終的に認知症のような症状になって、飼主様が困惑することも多々あります。

 

このような場合、当院では治療の一手段として漢方剤の処方を行っております。
当院で使用する漢方剤は動物用に精製されており、錠剤なのでワンちゃん猫ちゃんにとって比較的受け入れやすい剤形になっています。

写真

写真:漢方剤

その他、抜け毛やフケが多い、皮膚病を繰り返す子の体質改善、ガンと言われたが手術ができない子の食欲を維持する等QOL(生活の質)向上、肝臓の数値の改善など、様々な効果が期待できます。

また、落ち着きがない、吠えて困る、など、しつけや精神的な面でのサポートとしてお試し頂けるものもございます。

上記の症状以外でも、「これは漢方薬でどうにかなるのかな?」と思うようなことがあればお気軽にお問い合わせください。

日本ペット中医学研究会:
http://j-pcm.com

日本ペット中医学研究会

Copyright© 埼玉県川越市岸町の犬猫動物病院トリミング じゅん動物クリニック 新河岸駅 川越駅 All Rights Reserved.